治療はどのくらいの期間が必要?

顔のたるみ治療はどのくらいの期間が必要か、これから病院を
利用する人にとっては気になる内容です。

顔のたるみを美容整形外科手術で治療をするとなると
長い時間が完成までにはかかります。

数ヶ月で見た目には落ち着くことにはなりますが、
ぶり返してくる痛みや違和感など、手術をする前には
想像もしなかった問題は、外科的な手術では
発生をしやすいからです。

手術をするのは1日ですが、経過を病院で診察するための
来院や、腫れや出血が落ち着くまでの時間がとても長くかかります。

皮膚は切ることや縫い合わせをすることにより、大きなダメージを
与えられますので、ダウンタイムは長いです。

その期間は腫れあがりますし、内出血は黒くなってから
皮膚は黄色くなり、やがて治りますが時間が必要です。

もしも外科的な手術で顔のたるみ治療をするとなったら、
半永久的とは言われますが、それでも人間お肌は生きていると
老化をします。たるみの治療

やがてまた、いずれは顔のたるみを気にする時期がやってくるので
永久性ではありません。

時間がかかるもっと手軽にたるみ治療をするならば、
高周波などの熱エネルギーで
たるみを解消する方法があります。

この場合は1回の治療で3ヶ月頃が
ピークの引き上がりです。
1度のマシンの治療で引きあがりますが、
自然に元に戻ります。

そのため、3ヶ月から半年に1度のメンテナンスが必要となり、
その頻度で、高額ですが病院でのマシンでの引き上げをすると
良い状態を長く維持しやすくなります。

コメントする