顔のたるみ治療の手術方法について

医者

顔のたるみ治療の手術方法について、顔のたるみの状態を
お医者さんに判断してもらい、その上での必要な治療を
提案してもらうことです。

顔のたるみ治療としてメスを使う方法は、まだ美容整形の
世界が一般人には不透明だった頃からあった、昔からの
リフトアップの方法です。

顔のメスを使うたるみ治療は、しっかりと皮膚を切って
引き上げますので、確実にたるみは解消をします。

部位的に切って引き上げることもあれば、フルでメスを入れて
引き上げることもあります。

いずれにしても、切ることと引き上げが確実なので、
それで皮膚を縫い合わせて仕上げるので、たるみ治療と
しては確実な結果をもたらします。

しかし安易には選択できない方法であるのは、人間の
肉体にとってのダメージが大きいためです。

施術

オペの時には全身麻酔で行うため、痛みを感じることは
ないですし、緊張と恐怖を和らげるリラックス麻酔も
あるので問題はありません。

本当の戦いはむしろオペの終わったあと、そこから始まる
ダウンタイムでの自分との戦いです。

病院からは抗生物質と痛み止めを処方されますので、必ず
飲むようにしますが、それでも鈍い鈍痛は続きます。

内出血は大きく出ますので、その見た目も辛いものがありますし、
しばらくは入浴や洗髪は控える必要があります。

季節的にも真夏には、避けた方はいい方法であり、痛みと痒みと
匂いなどが辛いからです。

でも半年から1年もすれば、状態は落ち着いて仕上がりに近づきます。

コメントする